決めるポイント

車の買取は以前は新車のディーラーに査定してもらい下取りという流れが主流でしたが、中古車の買取業者の台頭もあり選択肢が増えています。査定方法も今ではインターネットが普及してるのもあり、インターネットでの無料一括査定で大体の買取金額を知ることができます。インターネットでの査定ですと車の情報を入れるだけなので実際の買取金額と誤差が出てきます。但し買取業者を見極める手段でもありますので多少手間になるかもしれませんが査定額を出して連絡をくれた業者の対応や金額を見て判断しましょう。

車の買取の際の特徴の一つに業界で需要があるものですと当然価値が高くなり、高く売却できます。その一つが色です。車体色で価値が高いのはホワイト系です。国産車でも外国産でもホワイトやブラック、シルバー等の色は人気も需要もあり、価値が高いです。勿論最初から売却するつもりで購入してる訳ではないので違う色の車を所持している人も多いでしょうが、買取する際のポイントの一つとして頭に入れておくと良いでしょう。

車とバイクの買取の違いとしては流れ等は大体同じなのですが査定する際の基準で車のプロとバイクのプロが見るのでそれぞれの価値の基準に違いが生まれます。色や時期等で査定に影響があるので、買取業者と納得するまで話して決断するのが良いでしょう。

バイクと車の違い

バイクと車の買取、査定の基準での違いは流通にかかる費用が違うという面が大きいです。バイクの方が日常的に使用していればエンジンの磨耗が車よりも激しいので少なからず査定に影響します。お店の経営方法により変わることがほとんどなので事前に調べておく必要性も高いでしょう。バイクの場合は国内で売れなくても海外で売れる場合もあるので諦めたり妥協しない方が良いでしょう。

車もバイクもそうですが、買取をしてもらう際にはショップではなく中古の車、バイク買取専門店に頼んだ方が良いでしょう。ショップですと購入させるのが主な目的なので下取りという形をとる場合が多いのでパーツをカスタムしてる車やバイクが低く評価されがちです。買取業者の方が高い買取金額を掲示してくる場合が多いです。また、バイク買取専門店「バイクランド」のようなところでは事故車や不動車でも買取してもらえます。全国無料出張してくれますし、オンライン査定も出来ますので一度気軽に査定だけしてもらうのも良いでしょう。

比較的に車よりもバイクの方がメンテナンスがしっかりしてない場合もあり、車の方が買取水準が高い場合が多いのが特徴です。車とバイクの売却では現金に換えようとする人の割合も車を売却する人のが多く、バイクでは実はあまりいないというのも特徴です。バイクの場合はこだわっている場合ですとパーツの一つ一つが価値が高いため高額で売却できますが、何もしていなければ高額の買取はあまり望めないので下取りする人も多いのです。

買取の準備

自分が持っている車を買取をしてもらう時に事前に準備しなくてはならない書類があります。自賠責保険証、車検証、自動車税納税賞味書、実印、印鑑証明書。住民票が必要な場合もあります。査定をするのも大事な過程ですが、買取をしてもらうには様々な準備が必要なので売却を決めたらまずは必要書類を揃えておくことが大事でしょう。

買取と下取りの違いが分からない人が多くいます。簡単に説明しますと買取はその車の価値が直接金額に影響し、店舗により値段も変動して高値で売れる可能性があります。下取りは主に新しい車を購入するお店で値引きできない分を補填する分の金額を出して車を受け取ることです。どちらも所持している車を手放してお金を得ることに違いはありませんが、カスタマイズを多くされてる車を売却するなら買取のが高く売却できます。下取りですと買取で高く評価された所も影響されません。高額の買取価格が出る可能性がある場合は買取をおすすめします。但し、買取は相場に非常に影響されやすいので購入した時期の価値より明らかに下がっている可能性が高いです。車もそうですが、バイクも相場が非常に変動しやすいので今の価格を調べておくのが良いでしょう。

バイクも車も年数、走行距離、エンジンの磨耗が影響してくるのは同じなのですが、似ているようで実は違いがあります。当サイトでは車の買取方法、車とバイクの買取方法の違いについて説明します。