買取の準備

自分が持っている車を買取をしてもらう時に事前に準備しなくてはならない書類があります。自賠責保険証、車検証、自動車税納税賞味書、実印、印鑑証明書。住民票が必要な場合もあります。査定をするのも大事な過程ですが、買取をしてもらうには様々な準備が必要なので売却を決めたらまずは必要書類を揃えておくことが大事でしょう。

買取と下取りの違いが分からない人が多くいます。簡単に説明しますと買取はその車の価値が直接金額に影響し、店舗により値段も変動して高値で売れる可能性があります。下取りは主に新しい車を購入するお店で値引きできない分を補填する分の金額を出して車を受け取ることです。どちらも所持している車を手放してお金を得ることに違いはありませんが、カスタマイズを多くされてる車を売却するなら買取のが高く売却できます。下取りですと買取で高く評価された所も影響されません。高額の買取価格が出る可能性がある場合は買取をおすすめします。但し、買取は相場に非常に影響されやすいので購入した時期の価値より明らかに下がっている可能性が高いです。車もそうですが、バイクも相場が非常に変動しやすいので今の価格を調べておくのが良いでしょう。

バイクも車も年数、走行距離、エンジンの磨耗が影響してくるのは同じなのですが、似ているようで実は違いがあります。当サイトでは車の買取方法、車とバイクの買取方法の違いについて説明します。